Tall-F オススメ店舗

大阪 十三 SMクラブ M専科 クラブドミナ

■06-6732-9372

■13:00~22:00

■60分 17.000円~

プロフィール長身日記

10/10 03:31

ドイツでの刑務所拷問イベント Part2!

 私の奴隷が審議される部屋に通され、まずは提出していた書類に審議官が目を通します。

そこで名前やここにぶち込まれる理由など事細かに確認されます。

私の奴隷の収監理由は「sex addict」笑!!

四六時中変なことを考えているという罪ですね。

そして全員の前で服を逃されそこでメディカルチェックさせられます。

全裸で身体中検査されるんですが、もちろんお尻の穴までチェックw

恥ずかしさマックスですが中にはこの時点で興奮してしまうど変態もいます。

メディカルチェックが済んだら、審議間に番号で呼ばれて所定の檻に打ち込まれます。

打ち込まれた後は基本的に自由ですが、私たちがその部屋のドアを開けたら絶対に立ち上がっていなければなりません。

収監中は私たちの好きなようにできます。勝手に檻から出して鞭打ちしまくるとか、極悪非道なメディカルプレイをしたりときには完全に拘束されて電流ぜめされたり。

基本的に拷問されているときはいいのですが何もせずに放置されているのが一番辛いかもしれませんね。なので自ら罰を受けるために悪事を働くものもいますw


ただ罰は女王様が気まぐれにしたいことをするのでかなりきつい場合がほとんど。

いろんなところから叫び声や悲鳴が聞こえてくる中で、美味しいディナーやランチを楽しむのはまた格別!

私は自分の奴隷にレザーの拘束衣をガッツリ着せて中には電流のおもちゃを仕込んでおきました。
リモコンで強弱つけられるので離れていてもいい反応が楽しめる代物です。

その間に他の豚奴隷を地下の牢獄から引き摺り出し、もう一人の女王様と一緒に拷問。

動けないことをいいことに思いっきりビンタしまくります。

どんどん腫れ上がる顔、泣き出す奴隷。泣いてもやめないので今度は叫び出しますw

叫んでも拷問は終わるはずもなく泣きはらしてビンタで2倍ぐらいに腫れ上がった顔を、

氷水で濡らしたタオルで覆うw 顔冷やしてくれるのかなー、優しいなーとか思ってたんだろうけど実は呼吸を制限するためですw

一気に暴れ出して酸素を取り込もうとする豚奴隷。

しかし手足にはぶっとい手枷足かせがついているので何もできず。

こんな楽しい時間を朝から晩まで過ごせるのです。

朝はモーニングコーヒー片手に集団鞭打ち。

天気も良かったので囚人たちを外に連れ出し縛りつけ、みんなで囲んで鞭打っていきます。

空気を切り裂く鞭の音と叫び声が本当に素晴らしかった!

毎日数人の新しい囚人が収監され、数人の囚人がギブアップして出所していく、、、。

来年も誘われているのでまた参加予定!

日本の皆さんも興味があれば参加してみてはいかがでしょうか。

本気で参加してみたい人は私が申し込みのお手伝いしてあげますよ!

ページトップへ▲